会社の経営戦略は、その企業で働く上での基礎知識として、社員がいつも心がけていなければいけないものです。
経営のトップなどが、自分たちが扱っている商品などの基礎知識を築きあげ、経営戦略を打ち立てていかなければいけませんが、社員たちも理解しているべきものでしょう。

スポンサードリンク

会社の経営戦略

経営戦略とは、言い方を変えると、会社の方針と言えるものです。

会社の個別事業の上位にある考えなので、基礎知識として会社を担っている社員の一人一人が理解を深めていないことには、意味がなくなります。

個別事業の運営は、事業戦略に従って行われているものです。

事業戦略では、事業における具体策を発案するものであり、基礎知識を元にどうしたら結果を出せるか、利益を上昇させるためのアイデアなどを考え、不調の事業であれば、今後どこを改善したり新しく取り組んでいけば、変化が訪れるのかなど、検討を重ねていくものです。

会社の経営を考えるのが社長なら、事業戦略は事業部長などが発案するということです。

経営戦略というものは、事業戦略よりも上の位置にあり、事業の細部にまで及びません。

経営戦略というのは、例えば利益が落ち込んでいるときに、事業からの撤退を検討したり、事業部同士の合併案を出したりなど、会社全体レベルでの決議をします。

会社経営は、ある事業が黒字で順調な成績を上げていても、他が赤字ばかりで全体も赤字になれば、運営は続きません。

黒字事業が、他の赤字を補う経営戦略により、会社は成立していきます。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

経営者の理念と戦略:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://s.153m.com/keiei/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。