貸金庫の1番大きいサイズ

貸金庫に預けたいものがあるけれど、どのくらいの大きさまで受け付けているものなのか、知りたくありませんか。
貸金庫で受け付けているサイズは、その金融機関ごとに異なるようです。

スポンサードリンク

金融機関の中でも、更にサイズが数種類に分かれているということです。

貸金庫の値段と大きさは関係してくるので、サイズが必要以上に大き過ぎると、損をしてしまいます。

貸金庫で最も大きいタイプは、高さと幅が30センチくらい、奥行きが50センチ以上だということです。

書類など、これよりも大きなものなどまずありませんから、通常は十分だといえます。

貸金庫の小さなタイプは、高さが5センチくらい、幅と奥行きが25センチほどだそうです。

書類を預けたいという方で、A4サイズの書類であれば、この大きさでは入りません。

B5サイズの書類であれば、1番小さな貸金庫で、ギリギリで大丈夫かどうか微妙な感じです。

貸金庫の、最も小さなサイズを利用されるのは、書類の保管が目的の場合ではなく、アクセサリー類といった貴金属だそうです。

貸金庫に預ける内容は、一般的には施設の人に見せますから、妥当なサイズの貸金庫を助言してもらえるはずです。

貸金庫を利用する前に、あまり考え過ぎなくても、教えてくれるでしょう。

貸金庫では、よっぽど入りきらないものでなければ、問題ないはずです。

金融機関ごとに、貸金庫の大きさが違うとはいえ、書類や貴重品など、預かってもらえるところばかりではないでしょうか。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

貸金庫のメリットとデメリット
貸金庫は、物を保管する特殊な部類の手段だと言えるでしょう。 貸金庫は、国内で1番......
信用金庫や銀行の貸金庫利用条件
信用金庫や銀行などの金融機関には、中に金庫があります。 貸金庫は、そういった金庫......
貸金庫で保管できる具体的な商品
貸金庫に入れておく貴重品の種類には、家で保存するのは不安なものなどが多いというこ......
貸金庫を選ぶ判断材料
貸金庫の最大のサービスは、保管の安全の高さではないでしょうか。 貸金庫をどの金融......
貸金庫とトランクルームの業務内容
貸金庫とは、信用金庫や銀行などの金融機関が、金庫のスペースの一部を、外部の法人や......
貸金庫とセーフティボックスの比較
貸金庫と同様のサービスには、レンタル収納スペース・トランクルーム・セーフティボッ......
貸金庫の補償されない事例
貸金庫の安全性や確実さは、銀行に預金しているのと同様といえ、補償面でもかなり優秀......
貸金庫 全自動型 半自動型 手動型
貸金庫は、3通りにタイプ分けをすることができます。 全自動型・半自動型・手動型の......
三井住友銀行の貸金庫の特徴
貸金庫は、さまざまな銀行で取り扱いがされていますが、大手銀行の中で代表的なのが三......

▲このページのトップへ