貸金庫の補償されない事例

貸金庫の安全性や確実さは、銀行に預金しているのと同様といえ、補償面でもかなり優秀だといえますが、絶対とは言い切れないことも、利用の際には念頭におくべきです。

スポンサードリンク

貸金庫が銀行で運営されているところの場合は、銀行が貸金庫の補償を行うということになります。

貸金庫に大切な貴重品を預けておくので、補償がしっかりしているというところに、預けたいものでしょう。

お金を出して預けるというのに、ケースによっては補償がない場合もあります。

信用金庫や銀行などのサービス運営側が、責任を負えないケースのときです。

天災が、その一例です。

地震が仮に起きたとして、極端な話のようですが地面に亀裂が入り、そこから貸金庫が下落していったら、補償はなされません。

津波が大きく、貸金庫が飲みこまれて、どこへ行ったのか流されて分からないというときにも、補償の対象外です。

貸金庫利用者の損失扱いとなり、信用金庫や銀行などの金融機関の過失というわけで起きたことではないので、責任も発生しないのでしょう。

天災は、滅多に起こるものではありませんし、確率も低い事態です。

盗難などによって損失を被ったのであれば、もちろん保管施設の不備ということで、責任の元補償も受けられます。

貸金庫と家に大事なものを置いておくのでは、いろいろな可能性を考えても、貸金庫の方が安全だといえそうです。

貸金庫といっても、絶対ではなく、補償されない事態が存在することを念頭に置いて、納得の上で利用してみてください。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

貸金庫のメリットとデメリット
貸金庫は、物を保管する特殊な部類の手段だと言えるでしょう。 貸金庫は、国内で1番......
信用金庫や銀行の貸金庫利用条件
信用金庫や銀行などの金融機関には、中に金庫があります。 貸金庫は、そういった金庫......
貸金庫で保管できる具体的な商品
貸金庫に入れておく貴重品の種類には、家で保存するのは不安なものなどが多いというこ......
貸金庫を選ぶ判断材料
貸金庫の最大のサービスは、保管の安全の高さではないでしょうか。 貸金庫をどの金融......
貸金庫とトランクルームの業務内容
貸金庫とは、信用金庫や銀行などの金融機関が、金庫のスペースの一部を、外部の法人や......
貸金庫とセーフティボックスの比較
貸金庫と同様のサービスには、レンタル収納スペース・トランクルーム・セーフティボッ......
貸金庫 全自動型 半自動型 手動型
貸金庫は、3通りにタイプ分けをすることができます。 全自動型・半自動型・手動型の......

▲このページのトップへ