貸金庫とセーフティボックスの比較

貸金庫と同様のサービスには、レンタル収納スペース・トランクルーム・セーフティボックスなどがあります。
セーフティボックスを運営しているのは、通常はホテルとなります。

スポンサードリンク

貸金庫とセーフティボックスのサービス内容の違いはあまりなく、お客様の品物を預かって、保管をするものです。

セーフティボックスを利用するときとは、一般的には海外旅行先で宿泊したホテルが多いのではないでしょうか。

海外に長期滞在するとき、貴重品を自分の部屋に置き続けるのは危険だということで、ホテルのセーフティボックスが活用されています。

貴重品をただ入れるだけのロッカーの場合は、カギをかけるだけですが、セーフティボックスは暗証番号での施錠も備えているので、より安全だといえます。

セーフティボックスと貸金庫の違う要素の1つに、安全性の高さがあげられるでしょう。

セーフティボックスはホテル内のサービスですが、管理がずさんなホテルも中にはあることから、一般的には貸金庫の方が安心できるということになるのです。

海外の犯罪の傾向は、国内と違って犯罪までスケールが大きいので、盗難も金庫ごとというケースも起こります。

セーフティボックスをまるごと持って行かれたら、暗証番号も関係なくなります。

保証金と使用料を支払い、保証金は最後に返ってきます。

機械の故障などのトラブルも少なくないので、そこを踏まえた上で利用して下さい。

日本では、保管と管理を株式会社セーフティボックスが運営しています。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

貸金庫のメリットとデメリット
貸金庫は、物を保管する特殊な部類の手段だと言えるでしょう。 貸金庫は、国内で1番......
信用金庫や銀行の貸金庫利用条件
信用金庫や銀行などの金融機関には、中に金庫があります。 貸金庫は、そういった金庫......
貸金庫で保管できる具体的な商品
貸金庫に入れておく貴重品の種類には、家で保存するのは不安なものなどが多いというこ......
貸金庫を選ぶ判断材料
貸金庫の最大のサービスは、保管の安全の高さではないでしょうか。 貸金庫をどの金融......
貸金庫とトランクルームの業務内容
貸金庫とは、信用金庫や銀行などの金融機関が、金庫のスペースの一部を、外部の法人や......
貸金庫の補償されない事例
貸金庫の安全性や確実さは、銀行に預金しているのと同様といえ、補償面でもかなり優秀......

▲このページのトップへ