貸金庫という単語は、貸金庫を利用したことがない方でも、耳にされたことがあるのではないでしょうか。
金庫というだけであれば、多くの人が分かりますし、利用方法も知っています。
貸金庫は、ただの金庫ほどは身近でない印象です。
金庫に似たものなのだろうとイメージできるものの、曖昧であり断言できません。

スポンサードリンク

貸金庫の種類と利用方法

金庫とは、そもそもどういったものだったでしょう。

金庫の種類は、おおまかに2タイプに分けることができます。

貴金属などの貴重品を収納し、火災や盗難などから守る役割の箱が1つ目です。
信用金庫や労働金庫などといった、特殊な金融機関の名称に付けられているのが2つ目です。

金庫と聞いて、以上のどちらかを想像されたのではないでしょうか。

貸金庫は、2種類のどちらに該当するのでしょう。

金庫に貴重品などを入れる用法であれば、レンタル金庫ということでしょうか。

貸金庫が特殊金融機関に含まれるなら、キャッシングなどのシステムの一環のようなイメージになります。

貸金庫からは、イメージが2方向に膨らみます。
正解は、どちらも間違いであって、どちらの内容も含んでいるといえます。

貸金庫は、両方の役割を兼ね備えたようなタイプのものだからです。

貸金庫は、金融機関の中にある大きなサイズの金庫を間借りするような感じであり、家庭用に収まるタイプではありません。

金庫を、自分の家の中に置くのではなく、金融機関内の金庫に、大切な物を預けられるのが貸金庫といった感じです。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

貸金庫比較:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://s.153m.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。